読み込み中 . . .
中止

スミレナガハナダイ

Pseudanthias pleurotaenia (Bleeker, 1857)

分布 伊豆諸島、駿河湾以南の太平洋岸、琉球列島。~台湾、西太平洋、ミクロネシア、サモア。
特徴 雄の体は鮮やかな紫色で、体側に大きな四角い斑紋がある。雌の体は黄色で、眼下から体側にかけて細い縦帯が入る。第3背鰭棘はのび、その先端の鰭膜が伸びることもある。体長9cm近くになる。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。普通は水深6~70mの間で見られる。
その他 普通は食用とはされない。観賞魚として人気があるが、ハナダイの仲間としては大きくなるので、それなりに大きな水槽で飼うこと。また照明にも気を使うべきである種。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 琉球列島

2017.12.20

日本 鹿児島県 屋久島

2014.09.24

日本 沖縄県 久米島

2002.10.14

日本 鹿児島県 屋久島

2016.03.12

日本 沖縄県 阿嘉島

2008.10.22

パラオ ビッグドロップオフ

2018.04.15

日本 沖縄県 恩納村 ホーシュー

2019.10.04

日本 沖縄県 恩納村 ホーシュー

2019.10.24

日本 沖縄県 恩納村 ホーシュー

2019.11.26

日本 沖縄県 ホーシュー

2018.05.20

日本 沖縄県 恩納村 ホーシュー

2019.12.05

日本 沖縄県 ホーシュー

2018.05.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する