ヒメハナダイ

Tosana niwae Smith and Pope, 1906

形態・特徴 体はやや長く、体側には黄色っぽい縦帯がある。尾鰭はよく湾入し、その上・下は長く伸びる。背鰭軟条数は13-14とナガハナダイ属の魚と比べて少ない。体長12cm程の小型種である。
分布 富山県以南日本海岸、相模湾以南太平洋岸、東シナ海。~台湾、中国、オマーン
生息環境 水深150m前後から底曳網などで採集されている。
その他 底曳網などで漁獲されるが、数は多くない。練製品の材料となる程度である。ヒメハナダイ属は本種1種からなる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
Ryota  Hasegawaさんが日本 静岡県 沼津市内浦湾で撮ったヒメハナダイ

日本 静岡県 沼津市内浦湾

2022.01.20

Ryota  Hasegawaさんが日本 静岡県 沼津市内浦湾で撮ったヒメハナダイ

日本 静岡県 沼津市内浦湾

2022.01.20

kuriboさんが日本 静岡県 静岡市久能沖で撮ったヒメハナダイ

日本 静岡県 静岡市久能沖

2020.05.05

ユジダルさんが日本 神奈川県 相模湾で撮ったヒメハナダイ

日本 神奈川県 相模湾

2012.11.03

きよりんさんが日本 神奈川県 エボシ岩沖で撮ったヒメハナダイ

日本 神奈川県 エボシ岩沖

2007.04.29