読み込み中 . . .
中止

バラハナダイ

Odontanthias katayamai (Randall, Maugé and Plessis, 1979)

形態・特徴 バラハナダイ属の魚は舌上に硬い歯板を有している。背鰭軟条の数本が糸状に伸びることが多く、背鰭第3棘が糸状に長く伸長し、その先端に鰭膜をもつものもいる。日本からは5種類が知られている。本種は背鰭棘が長くなく、腹鰭と臀鰭第2軟条がよく伸びる。体色は桃色で、黄色斑があり、頭部上方は黄色い。体長20cm近くになる。
分布 伊豆諸島、相模湾以南太平洋岸、沖縄県。~台湾、マリアナ諸島
生息環境 やや深い岩礁域に生息する。
その他 深海の釣りなどでたまに漁獲されている。観賞魚としてごく稀に流通することもあるようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません