ホシヒメコダイ

Chelidoperca pleurospilus (Günther, 1880)

形態・特徴 背鰭棘数は10、尾鰭は截形。体色は赤く、体側中央部に黒色斑が5個並んでいる。体長12cmほど。
分布 琉球列島をのぞく南日本、沖縄舟状海盆、東シナ海。フィリピン。大陸棚縁辺部の砂泥底にすむ。
生息環境 大陸棚縁辺域の砂・泥底、岩礁域に生息している。水深80-200mにすむことが多いが、水深25mからも写真記録がある。
その他 ヒメコダイ同様に底曳網や釣りなどで漁獲され食用になるが、数はヒメコダイよりもずっと少ないようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
西野勇馬さんが日本 神奈川県 相模湾で撮ったホシヒメコダイ

日本 神奈川県 相模湾

2019.12.31

西野勇馬さんが日本 神奈川県 相模湾で撮ったホシヒメコダイ

日本 神奈川県 相模湾

2019.12.31

西野勇馬さんが日本 神奈川県 相模湾で撮ったホシヒメコダイ

日本 神奈川県 相模湾

2019.12.31

Ryota  Hasegawaさんが日本 静岡県 沼津市 内浦湾で撮ったホシヒメコダイ

日本 静岡県 沼津市 内浦湾

2018.01.07

Ryota  Hasegawaさんが日本 静岡県 沼津市 内浦湾で撮ったホシヒメコダイ

日本 静岡県 沼津市 内浦湾

2018.01.07

びしまぐるいさんが日本 千葉県 館山市洲ノ崎沖で撮ったホシヒメコダイ

日本 千葉県 館山市洲ノ崎沖

2006.05.25