読み込み中 . . .
中止

バケムツ

Neoscombrops pacificus Mochizuki, 1979

形態・特徴 アカムツとよく似ているが、体が黒っぽく、体側鱗は円鱗(アカムツでは櫛鱗)で、側線有孔鱗数が47-51(アカムツは41-46)であることにより容易に区別できる。背鰭は2基でムツにも似るが、ムツはこの2つの背鰭が本種よりもよく離れている。体長30cm。
分布 南日本。サモア諸島、フィジー諸島。大陸棚斜面の外縁にすむ。
生息環境 水深100-500mの、岩礁域に生息する。
その他 日本ではアカムツほど獲れないが美味で食用に向く。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

孤高な漁師さんが日本 鹿児島県 薩南諸島で撮ったバケムツ

日本 鹿児島県 薩南諸島

2020.02.29

asukalさんがフィリピン パラワンで撮ったバケムツ

フィリピン パラワン

2010.10.01

asukalさんがフィリピン バタンガスで撮ったバケムツ

フィリピン バタンガス

2010.03.02

asukalさんがフィリピン バタンガスで撮ったバケムツ

フィリピン バタンガス

2010.03.02

asukalさんがフィリピン バタンガスで撮ったバケムツ

フィリピン バタンガス

2010.03.02

asukalさんがフィリピン パラワンで撮ったバケムツ

フィリピン パラワン

2010.10.01

asukalさんがフィリピン パラワンで撮ったバケムツ

フィリピン パラワン

2010.10.01

kawahigashiさんが日本 鹿児島県 屋久島で撮ったバケムツ

日本 鹿児島県 屋久島

2020.09.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する