読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

スミクイウオ

Synagrops japonicus (Döderlein, 1884)

形態・特徴 日本産ホタルジャコ科魚類では多くの種で臀鰭棘は3棘であるが、スミクイウオ属の多くの種では臀鰭棘数は2本である。本種の体色は灰褐色で、腹鰭棘前縁の微小な鋸歯状突起がないことで、日本産の他のスミクイウオ属魚種と区別できる。体長30cmを超えこの仲間では大きくなるが、普通は20cmほどのものが多いようである。
分布 北海道南部以南の日本各地沿岸、東シナ海。~南シナ海、フィリピン、ハワイ、オーストラリア、南アフリカにいたるインド・太平洋。
生息環境 普通150-500mの深海で漁獲される。水深1000mを超える深さからも漁獲されることがあるが、500mを超えると少ない。幼魚は水深10mのごく浅い場所にも出現する。
食性 小型甲殻類やハダカイワシ類などの小型魚類を主に捕食している。
その他 南日本の沿岸域において幼魚は冬から翌春にかけて出現する。底曳網漁業ではごく普通に漁獲されるが、練製品の原料になる程度であまり利用されていない。ただし肉はやわらかいものの、美味である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません