オニハタ

Centrogenys vaigiensis (Quoy and Gaimard, 1824)

形態・特徴 背鰭は後頭部に起部があり、棘条部の基底が長い。臀鰭第2棘は太くて長い。前鼻孔の後縁には瞳孔大の扇形の皮弁が生えていることなどが特徴。体色や体形は同じような環境に生息するフサカサゴ科のマダラフサカサゴやネッタイフサカサゴなどに似る。
分布 宮古島・石垣島。西部太平洋熱帯域。
生息環境 水深の浅いサンゴ礁域の砂底周辺に生息していると考えられ、タイドプールでも見られる。
食性 動物食性で甲殻類、多毛類、小型魚類などを捕食していると思われる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません