読み込み中 . . .
中止

ザラビクニン

Careproctus trachysoma Gilbert and Burke, 1912

形態・特徴 体はピンク色。背鰭や臀鰭の縁辺部は暗色で、水深の深い所の個体ほどこの暗色が強い傾向がある。胸鰭の下部の伸長した軟条には味蕾があることが知られており、これを使って海底の餌を探す。類似種のトゲビクニンは最大体長が約10cmと小さく、背鰭軟条数が52-55と少ない。生息場所も異なるようである。
分布 日本海。
生息環境 水深150-1345m。水深500m以深に多い。
その他 本種を含めた類似種は長らく分類が混乱していたが、近年の研究により、日本近海には海域ごとに形態・遺伝子が異なる4種が分布することが分かり、それぞれオホーツク海のサケビクニン、日本海のザラビクニン・トゲビクニン、太平洋のアオビクニンとして再記載された。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する