読み込み中 . . .
中止

イヌゴチ

Percis japonica Pallas, 1769

分布 北海道全沿岸、北日本の日本海岸、青森県、岩手県。~サハリン、オホーツク海、アラスカ湾。
特徴 口は頭部腹面にない。第1背鰭は大きく顕著、背鰭棘数は5~7。体側には太い横帯がある。トンボイヌゴチは本種に似るが、本種では第1背鰭起部付近の背部が大きく隆起するのに対し、トンボイヌゴチではそうならない。体長30cmになる。
生息環境 普通水深150~250mの海底にすむ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

イヌゴチ

日本 北海道 オホーツク海(らしい)

2016.11.14

イヌゴチ

日本 北海道 オホーツク海(雄武沖)

2009.05.29

イヌゴチ

日本 北海道 オホーツク海(らしい)

2016.11.14

イヌゴチ

日本 北海道 オホーツク海(らしい)

2016.11.14

イヌゴチ

日本 北海道 オホーツク海(らしい)

2016.11.14

イヌゴチ

日本 北海道 オホーツク海(らしい)

2016.11.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する