読み込み中 . . .
中止

タモロコ

Gnathopogon elongatus elongatus (Temminck and Schlegel, 1846)

特徴 全長10cm。体はやや太く、1対の口ひげがある。吻は丸く、口は下方にある。体側には太い黒色縦帯がある。
分布 関東以西の本州と四国が原産地だが、東北地方や九州の一部にも移植されている。河川の中・下流や細流、湖沼、池などのよどんだ水域の底から中層にすむ。
生息環境 河川の中流域やそれに繋がる用水路などに生息する。
食性 雑食性で水草なども食べるが、イトミミズなどや水生生物など肉食傾向が強い。
その他 淡水魚を漁獲するさまざまな漁法で漁獲され、シラウオやワカサギの漁でもよく混獲される。煮物や揚げ物などにして食べるとかなり美味。水槽でも飼育しやすいが、健康のためにはさまざまな餌を与えるとよい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません