読み込み中 . . .
中止

キヌバリ

Pterogobius elapoides (Günther, 1871)

形態・特徴 頭部には眼を通る1本の横帯があり、その後方に斜め帯がある。体側には黄色く縁取られた横帯があるが、太平洋側のものは6本、日本海側のものは7本である。チャガラによく似ているが、チャガラの横帯は淡く、本種は明瞭であることなどで区別可能。背鰭はややのびる。体長10cm。
分布 北海道から九州。朝鮮半島南岸。岩礁性の海岸にすむ。
生息環境 温帯性のハゼ。内湾や沿岸の岩礁性海岸に生息する。ガラモ場など、海藻が生えた場所に多く見られる。幼魚は潮だまりにも入る。
食性 動物プランクトンや小型甲殻類を捕食する。
その他 ごく浅い海にすみ釣りなどで採集されるが食用にはなっていない。美しい色彩なので観賞魚として飼育されることもある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません