読み込み中 . . .
中止

ヨコスジイシモチ

Apogonichthyoides cathetogramma (Tanaka, 1917)

形態・特徴 第1・第2背鰭直下に暗色横帯があり(成魚では不明瞭になる)、アカヒレイシモチ、ミスジアカヒレイシモチ、フタスジアカヒレイシモチによく似ている。ただし、本種は第1背鰭棘は7棘であることから区別可能。尾柄部には小さな黒色斑を有する。体長12cmに達する。
分布 神奈川県以南。東シナ海、フィリピン。水深5~20mの岩礁周辺の砂泥底にすむ。
生息環境 沿岸の岩礁域周辺の砂泥底や、内湾の防波堤などに生息する普通種。
食性 肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 本州では波止や磯などで釣れる。食用となるが、日本では市場に出ることは殆どない。本種の学名にApogon sialisを適用する学者もいる。またクロイシモチなどと同じApogonichthyoides属に含める場合もあり、WEB魚図鑑でもそうした。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません