読み込み中 . . .
中止

ヒメオニオコゼ

Inimicus didactylus (Pallas, 1769)

形態・特徴 背鰭棘は15-17棘からなり、その鰭膜は背鰭基底深くまで切れ込む。胸鰭の軟条のうち、下部の2本は長く、遊離している。オニオコゼとよく似ているが、鰭膜が深く切れ込み、吻がやや長いことなどで区別できる。体長15cmほど。
分布 沖縄諸島以南の琉球列島。~台湾、西太平洋、アンダマン海。
生息環境 沿岸の浅い砂底に生息する。主に熱帯・亜熱帯のサンゴ礁周辺の砂底にすむ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ASIMOpapaさんが日本 沖縄県 許田漁港で撮ったヒメオニオコゼ

日本 沖縄県 許田漁港

2008.05.23

山田良一さんが日本 東京都 小笠原村で撮ったヒメオニオコゼ

日本 東京都 小笠原村

2015.07.17

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったヒメオニオコゼ

フィリピン サマール島

2011.02.13

ASIMOpapaさんが日本 沖縄県 許田漁港で撮ったヒメオニオコゼ

日本 沖縄県 許田漁港

2008.05.23

ASIMOpapaさんが日本 沖縄県 許田漁港で撮ったヒメオニオコゼ

日本 沖縄県 許田漁港

2008.05.23

NOAHさんがフィリピン カラバルソン地方 マタブンカイで撮ったヒメオニオコゼ

フィリピン カラバルソン地方 マタブンカイ

2021.11.03

NOAHさんがフィリピン カラバルソン地方 マタブンカイで撮ったヒメオニオコゼ

フィリピン カラバルソン地方 マタブンカイ

2021.11.03

NOAHさんがフィリピン カラバルソン地方 マタブンカイで撮ったヒメオニオコゼ

フィリピン カラバルソン地方 マタブンカイ

2021.11.03

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する