ガヤモドキ

Sebastes wakiyai (Matsubara, 1934)

分布 北海道日本海岸、岩手県。~釜山、清津。
特徴 ヤナギノマイなどに似ているが、ヤナギノマイでは下顎に鱗がなく、主上顎骨の鱗域は狭いのに対し、本種では鱗がある。アカガヤに似ているが、胸鰭は17~18軟条で背鰭軟条数は13~14であることなどで区別できる。体長20cm。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。