読み込み中 . . .
中止

グアムカサゴ

Scorpaenodes guamensis (Quoy and Gaimard, 1824)

形態・特徴 本種もイソカサゴ属で、背鰭は13棘、有毒で刺されると痛い。主鰓蓋に大きな黒色斑がある。臀鰭棘は短い。体長9cmほど。
分布 八丈島、琉球列島;~インド・西太平洋。浅海の岩礁や珊瑚礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁の浅所にすむ。潮だまりでも見られる。潮だまりでは主に死サンゴの隙間や岩の間に隠れる。熱帯性。
食性 肉食性。主に小魚や甲殻類を捕食する。
その他 小型種で普通は食用にされていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 石垣島

2016.11.27

日本 沖縄県 石垣島

2019.05.23

日本 鹿児島県 奄美大島 加世間

2018.03.29

日本 東京都 八丈島末吉漁港付近磯

2007.08.25

日本 沖縄県 北部

2018.11.13

日本 東京都 八丈島末吉漁港付近磯

2007.08.25

日本 東京都 八丈島末吉漁港付近磯

2007.08.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する