読み込み中 . . .
中止

ハダカハオコゼ

Taenianotus triacanthus (Lacepède, 1802)

分布 高知県、琉球列島。インド・太平洋。珊瑚礁にすむ。
特徴 体は側扁する。体側には鱗が変形した棘が散在する。背鰭棘は長く、鰭膜も発達している。体色は黄色、茶色、赤褐色など、変異が多い。体長10cmまでの小型種。
生息環境 サンゴ礁域に多く生息する。
その他 ハダカハオコゼ属魚種は本種1種のみからなり、ボロカサゴ属と同じく、脱皮をすることが知られている。小型なので食用にはならないが、観賞魚として人気。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 座間味島東南部沖

2015.03.12

日本 沖縄県 座間味島

2016.08.16

フィリピン ドゥマゲッティ

2008.02.20

日本 沖縄県 崎本部ゴリラチョップ

2019.10.24

日本 沖縄県 竹富島南方沖

2015.01.18

日本 東京都 小笠原村

2015.07.30

日本 沖縄県 慶良間 送電線

2018.05.19

日本 沖縄県 西表島

2014.04.17

日本 沖縄県 阿嘉島

2008.10.21

日本 沖縄県 真栄田岬

2019.11.13

日本 沖縄県 西表島

2014.04.17

日本 沖縄県 ホーシュー

2018.05.19

日本 沖縄県 ホーシュー

2018.05.19

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する