読み込み中 . . .
中止

シマヒメヤマノカミ

Dendrochirus brachypterus (Cuvier, 1829)

形態・特徴 ミノカサゴ属の魚に似るが、胸鰭のうち上部の軟条が分岐する。背鰭棘は13棘で、強い毒をもつ。体側には暗褐色横帯がある。ヒメヤマノカミによく似ているが、胸鰭と腹鰭に茶色に黒点列のある横帯が多数ある。体長9cmほどの小型種である。
分布 伊豆半島以南。~インド・太平洋域。水深10~15mの砂泥底か、ラグーンの中の岩礁付近にすむ。
生息環境 沿岸の岩礁域や、その周辺の砂底にすむ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません