読み込み中 . . .
中止

ヒレボシミノカサゴ

Dendrochirus biocellatus (Fowler, 1938)

形態・特徴 背鰭棘は13棘で、強い毒があるといわれる。涙骨には2対の皮弁がある。このうち後方のものは極めて長い。背鰭後方には2-3個の眼状斑がある。体長12cmほど。
分布 紀伊半島、琉球列島。~インド・太平洋域。岩礁や珊瑚礁にすむ。
生息環境 主に岩礁やサンゴ礁域の浅所にすむ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません