カラストビウオ

Cypselurus cyanopterus (Valenciennes, 1847)

分布 伊豆諸島、若狭湾、高知県、鹿児島県、琉球列島。~台湾、インド-西太平洋、大西洋。
特徴 ハマトビウオ属のトビウオ科魚類はよく似ているものが多く、写真からの同定は難しい。そのため、魚そのものをよく見ることが非常に大切である。本種は胸鰭が一様に青黒く、明瞭な斑点はなく、黄色もしくは透明の斜走帯がないこと、背鰭に明瞭な黒色域があること、背鰭前方鱗数が35~40であることなどにより区別できる。全長40cm近くになる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません