読み込み中 . . .
中止

ツクシトビウオ

Cypselurus doederleini (Steindachner, 1887)

形態・特徴 胸鰭が長く、その先端が臀鰭後端を越える。また、腹鰭も長く、その先端が臀鰭基部を越える。よく似たホソトビウオとは、胸鰭は基本的に暗色であり透明帯があまり見られないことや第1鰓弓の下枝の鰓耙数が16~17本と少ないことで見分けることができる。
分布 北海道南西部~屋久島の日本各地。
生息環境 沿岸域の表層を回遊する。
食性 動物プランクトン食性。
その他 5~7月が産卵期とされる。トビウオ類は全般にあまり区別されることなく食用として市場流通している。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 静岡県 駿河湾

2015.06.30

日本 千葉県 野島崎

2014.05.30

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2010.07.10

日本 静岡県 駿河湾

2015.06.30

日本 東京都 小笠原村父島

2015.07.14

日本 愛媛県 愛南町

2016.10.03

日本 千葉県 野島崎

2014.05.30

日本 愛媛県 愛南町

2016.10.03

日本 兵庫県 多賀の浜海水浴場

2009.07.18

日本 愛媛県 愛南町

2016.10.03

日本 静岡県 浜名湖

2019.12.31

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2010.07.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する