読み込み中 . . .
中止

トビウオ

Cypselurus agoo (Temminck and Schlegel, 1846)

形態・特徴 胸鰭が長く、その先端が臀鰭後端を越えること。腹鰭も長く、その先端が臀鰭基部を越えること。胸鰭の上の2軟条が不分枝であること。胸鰭や背鰭が暗色でないことなどで他のトビウオ科魚類と区別できる。
分布 南日本。台湾東部沿岸。沿岸から外洋の表層を遊泳する。
生息環境 沿岸域の表層を回遊する。
食性 動物プランクトン食性。
その他 産卵期は初夏といわれている。水産利用もされており、伊豆諸島の名産品の“クサヤ”や島根県と兵庫県で名産のチクワ、さらには九州地方南部での名産である薩摩揚げといった郷土料理で欠かせない。もちろん、刺身や塩焼きなどで賞味されることもあり、初夏~夏が旬といわれる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません