トビウオ

Cypselurus agoo (Temminck and Schlegel, 1846)

形態・特徴 胸鰭が長く、その先端が臀鰭後端を越えること。腹鰭も長く、その先端が臀鰭基部を越えること。胸鰭の上の2軟条が不分枝であること。胸鰭や背鰭が暗色でないことなどで他のトビウオ科魚類と区別できる。
分布 南日本。台湾東部沿岸。沿岸から外洋の表層を遊泳する。
生息環境 沿岸域の表層を回遊する。
食性 動物プランクトン食性。
地方名 トビ(伊豆諸島新島、新潟県、石川県、鹿児島県)、アゴ(新潟県、石川県、京都府丹後、鳥取県、島根県、福岡県、長崎県、鹿児島県)、トピィー・トッピー(鹿児島県屋久島)、トゥブー(沖縄県南城市)
小型の呼称としてアゴ(新潟県、鹿児島県)、サガマー (鹿児島県喜界島)
種ごとの呼び分け
屋久島:ハマトビウオ(大トビ・角トビ)、トビウオ(中トビ)、オオメナツトビウオ(中トビ・シラバネ)、ツクシトビウオ(中中・時期トビ)、ホソトビウオ(小・小トビ)、ホソアオトビ(小小)、アヤトビウオ(セミトビ)、アカトビウオ(アカ)、カラストビウオ(アオ)、沖縄県:アヤトビウオ(プーカー・アケージュー)、オオメナツトビ(ヒラガマチャー)
その他 産卵期は初夏といわれている。水産利用もされており、伊豆諸島の名産品の“クサヤ”や島根県と兵庫県で名産のチクワ、さらには九州地方南部での名産である薩摩揚げといった郷土料理で欠かせない。もちろん、刺身や塩焼きなどで賞味されることもあり、初夏~夏が旬といわれる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ミー&ヒロキさんが日本 和歌山県 有田 逢井 磯で撮ったトビウオ

日本 和歌山県 有田 逢井 磯

2005.06.05

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)で撮ったトビウオ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)

2017.10.11

釣り吉よちさんが日本 北海道 苫小牧東港で撮ったトビウオ

日本 北海道 苫小牧東港

2013.07.13

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)で撮ったトビウオ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)

2017.10.11

がほー部長さんが日本 鹿児島県 喜界島沖(志戸桶方面)で撮ったトビウオ

日本 鹿児島県 喜界島沖(志戸桶方面)

2008.09.05

ミー&ヒロキさんが日本 和歌山県 有田 逢井 磯で撮ったトビウオ

日本 和歌山県 有田 逢井 磯

2005.06.05

がほー部長さんが日本 鹿児島県 喜界島沖(池治方面)で撮ったトビウオ

日本 鹿児島県 喜界島沖(池治方面)

2010.06.13

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)で撮ったトビウオ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)

2017.10.11

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)で撮ったトビウオ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)

2017.10.11

がほー部長さんが日本 鹿児島県 喜界島沖(池治方面)で撮ったトビウオ

日本 鹿児島県 喜界島沖(池治方面)

2010.06.13

がほー部長さんが日本 鹿児島県 喜界島沖(池治方面)で撮ったトビウオ

日本 鹿児島県 喜界島沖(池治方面)

2010.06.13

がほー部長さんが日本 鹿児島県 喜界島沖(池治方面)で撮ったトビウオ

日本 鹿児島県 喜界島沖(池治方面)

2010.06.13

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)で撮ったトビウオ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場(沖縄本島近海産)

2017.10.11