オニオコゼ

Inimicus japonicus (Cuvier, 1829)

形態・特徴 背鰭棘は16-18棘からなり、その鰭膜は棘の半分くらいまでの深さである。胸鰭の軟条のうち、下部の2本は長く、遊離している。体色は黒っぽいもの、灰色っぽいものから鮮やかな黄色、橙色まで様々なものがいる。体長20cmほどに達する。
分布 青森県~九州までの日本各地沿岸、小笠原諸島。~朝鮮半島沿岸、渤海、中国沿岸、台湾。
生息環境 沿岸の浅い砂泥底に生息する普通種。温帯性で、ふつう浅所でみられる。海水浴が行われるようなごく浅い場所にも見ることができる。
食性 主に小魚や甲殻類、イカ類などの動物を捕食している。
地方名 オゴンジ・アカオゴジ・クロオゴジ(青森県)、オゴデ(青森県津軽)、オゴゼ(山形県、長崎県壱岐市勝本・平戸市度島町(オゴジェとも))、オゴジ(山形県、茨城県大洗町)、イグジ(山形県)、オコシ(神奈川県横須賀市)、オコゼ(富山県魚津市、石川県能登、静岡県伊豆、京都府丹後半島、和歌山県、山口県、香川県)、ヤマノカミ(石川県金沢市、静岡県伊豆、岡山県、愛媛県宇和島市)、オクジ(石川県輪島市)、オコジ・オニオコジ・キャットコ・ツチオコゼ・モンバン(静岡県伊豆)、ドロオコゼ(大阪府泉南)、オコデ(山口県祝島)、クロオコゼ(長崎県雲仙市)、アファ(鹿児島県喜界島)、アハ・アーハ(鹿児島県徳之島)
参考:https://gyomei.zukan.com/?p=1577394022
その他 見た目はよくないが、肉は白身で美味、現在は高級魚として知られるようになった。また、本種は養殖も盛んに行われている。
本種の背鰭には大きく長い棘があり、それらには強い毒をもつので、取り扱う際には十分注意する必要がある。日本産オニオコゼ属魚類は、本種を含め3種類が知られている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

閻魔さんが日本 静岡県 静岡市三保真崎海岸で撮ったオニオコゼ

日本 静岡県 静岡市三保真崎海岸

2008.05.28

masahirokamezakiさんが日本 新潟県 佐渡・赤泊 で撮ったオニオコゼ

日本 新潟県 佐渡・赤泊 

2016.07.10

渡辺謙司さんが日本 広島県 安浦町三津口で撮ったオニオコゼ

日本 広島県 安浦町三津口

2005.01.16

新之助さんが日本 福岡県 日明海峡釣り公園,で撮ったオニオコゼ

日本 福岡県 日明海峡釣り公園,

2003.05.04

IHさんが日本 鹿児島県 阿久根市千長浦港で撮ったオニオコゼ

日本 鹿児島県 阿久根市千長浦港

2017.08.22

NOAHさんが日本 青森県 築地場内市場で購入で撮ったオニオコゼ

日本 青森県 築地場内市場で購入

2014.12.26

ガシラハンターさんが日本 兵庫県 神戸市須磨区須磨浦海岸で撮ったオニオコゼ

日本 兵庫県 神戸市須磨区須磨浦海岸

2011.05.17

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったオニオコゼ

日本 宮崎県 門川湾

2007.03.10

酒ちゃんさんが日本 広島県 江田島市で撮ったオニオコゼ

日本 広島県 江田島市

2017.01.09

-ymさんが日本 三重県 神島南堤防外側で撮ったオニオコゼ

日本 三重県 神島南堤防外側

2013.09.06

masahirokamezakiさんが日本 新潟県 佐渡・赤泊、真浦で撮ったオニオコゼ

日本 新潟県 佐渡・赤泊、真浦

2014.06.20

Shuta Endoさんが日本 千葉県 館山市坂田で撮ったオニオコゼ

日本 千葉県 館山市坂田

2013.11.24

弦巻 茂さんが日本 広島県 呉市倉橋島町鹿老渡で撮ったオニオコゼ

日本 広島県 呉市倉橋島町鹿老渡

2006.09.24

山陽さんが日本 福井県 小浜沖で撮ったオニオコゼ

日本 福井県 小浜沖

2007.08.13

級長さんが日本 愛媛県 愛媛.松山.今出港波止場で撮ったオニオコゼ

日本 愛媛県 愛媛.松山.今出港波止場

2009.05.09