読み込み中 . . .
中止

センニンサヨリ

Hyporhamphus quoyi (Valenciennes, 1846)

形態・特徴 体形は細長い。両顎は尖り、下顎は上顎よりも長く突出する。下顎の長さが上顎先端から鰓蓋後端までの長さよりは短いこと、下顎の先端は赤味を帯びることなどが特徴。南方系の種である。
分布 長崎、琉球列島、小笠原諸島。インド洋東部、西太平洋。内湾沿岸や汽水域にすむ。
生息環境 内湾沿岸に生息し、上げ潮時には汽水域へも侵入することがある。
食性 動物プランクトンを主な餌としている。
その他 沖縄では本種やマルサヨリを対象にした遊漁(釣り)が行われることもあり、それなりに大衆魚のようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません