読み込み中 . . .
loading
中止

コモチサヨリ

Zenarchopterus dunckeri Mohr, 1926

形態・特徴 体形は細長い。両顎は尖り、下顎は上顎よりも長く突出する。尾鰭は截形もしくはやや丸い。小型種で、大きくても全長20cmを超えることは稀である。
分布 宮古・八重山両諸島。ニューギニア、ソロモン諸島、アンダマン諸島、インド東岸。河口・汽水域や塩分の低い港湾に生息する。
生息環境 主に河川河口や、やや塩分の低い内湾の沿岸域に生息する汽水性の種である。2~5尾くらいの小規模な群れを形成していることが多い。
食性 動物プランクトンを主な餌としている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 高知県 奈半利 加領郷漁港

2009.08.08

日本 沖縄県 西表島船浦港

2008.03.13

日本 高知県 奈半利 加領郷漁港

2009.08.08

日本 沖縄県 西表島船浦港

2008.03.13

日本 沖縄県 石垣島

2016.10.19

日本 沖縄県 西表島 舟浮

2017.09.25

日本 沖縄県 西表島 河口

2017.09.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する