タイワンメナダ

Moolgarda seheli (Fabricius, 1775)

形態・特徴 上唇下部は滑らか。眼を被う脂瞼は発達しておらず、眼の後方に膜状に広がっているのみ。胸鰭の基底上端には暗色斑が1個あること、吻部はやや尖っていること、第2背鰭は伸びていないことことなどが特徴。
分布 幼魚は静岡県~高知県で採集されているが、成魚は琉球列島以南。~インド-太平洋、紅海。ハワイ諸島にも。
生息環境 沿岸域の浅所や河川汽水域に生息する。
食性 デトリタス、藻類、甲殻類や多毛類などを食べる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんが日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競りで撮ったタイワンメナダ

日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競り

2014.09.27

NOAHさんが日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競りで撮ったタイワンメナダ

日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競り

2014.09.27

GeNEsYSさんが日本 沖縄県 新港ふ頭で撮ったタイワンメナダ

日本 沖縄県 新港ふ頭

2024.02.06