アンピンボラ

Chelon subviridis (Valenciennes, 1836)

形態・特徴 胸鰭の基底は銀色。また、眼を被う脂瞼は発達し、分厚くて虹彩を被う。頭部の断面は円筒形に近いことなどが特徴。縦列鱗数は27~33枚。あまり大きくならず、大きくても全長30cm程度である。
分布 奄美大島以南。~台湾、南シナ海、西太平洋、アンダマン~アラビア海。
生息環境 沿岸域の浅所および、汽水域から淡水域まで進入する。
食性 デトリタス、藻類、甲殻類や多毛類などを食べる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんがフィリピン マニラ首都圏 マニラのフィッシュマーケットで撮ったアンピンボラ

フィリピン マニラ首都圏 マニラのフィッシュマーケット

2018.08.03

鈴鹿さんがフィリピン タクロバン市場で撮ったアンピンボラ

フィリピン タクロバン市場

2009.01.10

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったアンピンボラ

フィリピン サマール島

2010.02.08

釣り船太郎さんがタイ チョンブリ県、ショッピングセンターのMakroの鮮魚コーナーで撮ったアンピンボラ

タイ チョンブリ県、ショッピングセンターのMakroの鮮魚コーナー

2015.09.27