読み込み中 . . .
中止

ハナタツ

Hippocampus sindonis Jordan and Snyder, 1901

分布 本州中部~九州、朝鮮半島南部。
特徴 体の色彩は鮮やかな赤色、黄色から茶褐色まで変異があり、体に皮弁があったりする。タツノオトシゴに似ているが、頭部にある頂冠はほぼ上方に向かい、後方に屈曲することはなく、その左右の縁は棘状であることなどで区別できる。高さ約8cm。
生息環境 浅海の岩礁域に生息する。
食性 動物プランクトンなどを捕食する。
その他 タツノオトシゴ属はふつう食用にしないが、観賞魚として人気がある。本種も観賞魚として飼育されることがあるが、あまり出回らない。また餌となる小型のプランクトンが必要であることや、温帯性のためやや低めの水温で飼育する必要があるため、初心者には向かない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません