読み込み中 . . .
中止

フォルスイングリッシュマン

Chrysoblephus lophus (Fowler, 1925)

外国産 外国産

分布 南アフリカ東岸。
特徴 同じ属のイングリッシュマンに似ているが背鰭の棘条のうち第3~5番目のものがよく伸びる。また眼窩間の骨が露出し波状にくぼむ点や、体側に赤や黄色の線がある点なども特徴的である。側線鱗数は55~58。50cmほどに成長する。
生息環境 水深150m以浅に生息する。
食性 本種も動物食性であり、小魚やさまざまな底生動物を捕食している。
その他 釣りの対象魚であり、市場にもでる。美味とされている。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フォルスイングリッシュマン

南アフリカ KZN州ロッキーベイ

2015.11.17

フォルスイングリッシュマン

南アフリカ ダーバン

2015.08.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する