読み込み中 . . .
中止

スコッツマン

Polysteganus praeorbitalis (Günther, 1859)

外国産 外国産

分布 南アフリカ東岸からモザンビークまでのインド洋。
特徴 この仲間はキダイ亜科に含まれている。背鰭は12棘10軟条。体側には目立つ暗色斑はない、鰓耙数が10+15~16であることなどが特徴。眼は小さく、頭部が独特な形状をしている。全長90cmになる大型種。
生息環境 水深20m~100mほどの場所に生息するが、より浅い場所でもまれに釣りによって採集される。
食性 動物食性で魚類やイカなどを捕食する。
その他 本種は他のタイの仲間同様重要な釣り魚であり、食用魚としても知られ、美味であるといわれている。この属は5種が知られていて、何れも西インド洋に分布。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

南アフリカ KZN州シェリービーチ

2015.08.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する