読み込み中 . . .
中止

ゼブラ

Diplodus hottentotus (Smith, 1844)

外国産 外国産

分布 モザンビークから南アフリカ沿岸。
特徴 体側には5本の太い横帯がある。若いうちは腹部が黄色っぽく、暗色の横帯が多数腹部に見られる。体側の模様と、臀鰭が3棘11軟条であることによって、南アフリカ沿岸に分布するもう1種のディプロダス属魚類Diplodus capensis と区別することができる。大きいものでは全長60cmに達する。
生息環境 浅い岩礁域に生息する。
食性 小魚や底生動物を主に捕食している。
その他 釣りなどで漁獲され、肉は美味で食用になるが、吐き気を催す臭気を発する。Diplodus cervinusの亜種とされたり、独立種とされたりしている。Smith and Smith (1986)は、Diplodus cervinusの亜種としている。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する