読み込み中 . . .
中止

パナマハマギギ

Bagre panamensis (Gill, 1863)

外国産 外国産

分布 米国カリフォルニア州からペルー北岸の東太平洋に分布。
特徴 口ひげは2対。上顎のひげは長く伸長してその端は背鰭起点を超える。胸鰭の第1軟条はよく伸びる。背鰭には大きく強い棘がある。この棘と背鰭第1軟条がのびないことで、同じく東太平洋に生息するイトヒキハマギギ属のもう1種であるレッドシーキャットフィッシュと区別することができる。Fishbaseによると全長51cmほどになるようだ。
生息環境 河川の汽水域、沿岸の浅所から深海にまで生息する。
食性 おそらく動物食性
その他 生息地では食用として利用されているが、棘には毒があるといわれ取扱いには注意が必要。パナマハマギギの和名は「ペルー海域の深海魚類図鑑」(日本トロール底魚協会、2009年)のなかで新しくつけられている。なお、この種の解説については同書を参考にした。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する