読み込み中 . . .
中止

アオブダイ

Scarus ovifrons Temminck and Schlegel, 1846

形態・特徴 体色は濃青色で、雄では各鰭が橙色になる。頭部は角ばり、老成すると頭部に大きなこぶ状突起ができる。これは雌雄ともに発達するためこの形質で雌雄を区別することはできない。体長80cmに達する大型種。
分布 伊豆諸島、東京湾~吐噶喇列島までの太平洋岸、九州北岸。~台湾、韓国釜山、済州島、中国。
生息環境 岩礁域にすむ。アオブダイ属としては珍しく、温帯域にも成魚が普通に見られる。
食性 藻類のほか甲殻類などを捕食する雑食性。
その他 釣りや定置網、刺し網などで漁獲され肉は食用になるが、内臓、特に肝臓などに猛毒のパリトキシンが含まれることがあるため、内臓は食用にするべきではない。なお、体色の青いブダイを「あおぶだい」と総称することがあり、混同しないよう注意が必要である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません