読み込み中 . . .
中止

サクラダイ

Sacura margaritacea (Hilgendorf, 1879)

形態・特徴 雄の体色は赤色で、白色斑が体側にある。背鰭第3棘はやや長く伸びる。雌は橙色で、背鰭棘に黒色斑がある。雌雄ともに背鰭軟条のうち1本が長く伸長している。尾鰭はよく湾入している。体長15cmほどまでである。
分布 琉球列島をのぞく南日本。台湾。沿岸岩礁域にすむ。
生息環境 海底からやや離れた場所に群れですむ。他の同科魚類や、メバル類、イサキなどと群れていることもあるようだ。
食性 動物プランクトンや小型甲殻類を捕食する。
その他 雌から雄に性転換をすることはよく知られている。遊泳性でたまにアジ、イサキなどの釣りにて外道として釣られることがあるが、食用にすることもたまにあるようだ。観賞魚としても知られ、水族館ではよく飼育されているが、採集後のケアが難しいとされている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません