読み込み中 . . .
中止

ミナベヒメジ

Parupeneus biaculeatus (Richardson, 1846)

分布 和歌山県や鹿児島県から記録されているが、静岡県以南の太平洋岸に広くみられるのではないかと思われる。海外では南シナ海からインドネシア。
特徴 オキナヒメジやホウライヒメジににた種類で吻部から体側にかけて3本の縦帯が入るが、体側の黄色の縦帯があることなどの特徴で見分けられる。ホウライヒメジなどで見られる尾柄部の暗色斑は本種では目立たない。全長20cmを超える。
生息環境 沿岸の砂地やその周辺の岩礁域に生息している。
食性 本種は動物食性で、底生動物や小魚などを捕食しているのではないかと考えられる。
その他 近年に西日本の太平洋岸で本種と思われる魚が撮影されていたが最近になりようやく和名がついた種類である。本種の解説の記述については、以下の文献を参考にした。

田代郷国・本村浩之. 2015. 鹿児島県初記録のヒメジ科魚類ミナベヒメジParupeneus biaculeatusおよびホウライヒメジParupeneus ciliatusとの形態学的比較. Nature of Kagoshima 41:133-137. 
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 高知県 土佐清水市あしずり港

2015.04.03

日本 和歌山県 白浜町沖

2014.08.15

日本 宮崎県 日南市 油津港

2018.07.23

日本 高知県 須崎市野見潮ばかり公園

2016.06.08

日本 和歌山県 太地町

2008.10.13

日本 愛媛県 愛南町

2015.10.13

日本 鹿児島県 串木野

2015.08.17

日本 愛媛県 愛南町 横島沖

2016.06.19

日本 高知県 宿毛市新港

2010.01.24

日本 和歌山県 小浦一文字沖堤

2008.10.12

日本 和歌山県 大島

2017.10.15

日本 静岡県 富士市田子の浦港

2001.11.03

日本 愛媛県 愛南町深浦

2004.06.25

日本 宮崎県 サンマリーナ宮崎

2007.08.10

日本 和歌山県 太地町

2008.10.13

日本 宮崎県 サンマリーナ宮崎

2009.07.08

香港 サイクンの橋咀洲沖

2010.10.09

香港 サイクンの橋咀洲沖

2010.10.09

香港 サイクンの橋咀洲沖

2010.10.09

香港 サイクンの橋咀洲沖

2010.10.09

香港 サイクンの橋咀洲沖

2010.10.09

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する