ノコギリヨウジ

Doryrhamphus japonicus Araga and Yoshino, 1975

分布 八丈島、相模湾~九州までの太平洋側、山口県、琉球列島。~台湾、インドネシア。岩礁域にすむ。
特徴 ヒバシヨウジに似ているが、躯幹部の青色縦帯はヒバシヨウジよりも幅が狭く、体高4分の1ほどである。尾鰭は褐色で、ふつう3つの黄色斑がある。体長7cmほど。
生息環境 水深10m以浅の岩礁に生息し、タイドプールに入ることもある。岩棚の下などにすむため、あまり目につかない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。