読み込み中 . . .
中止

オイランヨウジ

Doryrhamphus dactyliophorus (Bleeker, 1853)

分布 伊豆半島以南。インド・太平洋。サンゴ礁にすむ。
特徴 吻部から体側にかけ暗色横帯がある。尾鰭は赤色で、縁辺や中央は白色。カスミオイランヨウジは本種に似るが、縁辺のうち後縁は白くなく、尾鰭中央部に白色斑はない。
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域に生息する。本種は遊泳性が強い種類である。
食性 動物プランクトン食
その他 食用にはされないが、観賞魚として日本にもよく輸入されている。配合飼料には餌付かないので、冷凍の動物プランクトンや、ブラインシュリンプの幼生などを餌にして与える。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

オイランヨウジ

フィリピン アニラオ

2012.03.18

オイランヨウジ

フィリピン サマール島

2011.02.21

オイランヨウジ

日本 沖縄県 宮古島

2020.01.16

オイランヨウジ

マレーシア HOUSE REEF(KAPALAI)

2018.05.29

オイランヨウジ

フィリピン 中部ルソン地方 アニラオ

2020.11.29

オイランヨウジ

日本 沖縄県 崎本部 ゴリラチョップ

2021.06.21

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する