読み込み中 . . .
中止

イサキ

Parapristipoma trilineatum (Thunberg, 1793)

形態・特徴 頭部の有鱗域は広く、涙骨上と主上顎骨の露出部にも広がる。また、眼の下縁は吻端よりも下方に位置することなどが特徴。体色は全長20~30cmくらいの個体までには淡色の地色に暗色の縦線が入っている状態であるが、それよりも大きい個体では消失し背面側が焦げ茶色、腹面側が白色へと変化する。
分布 新潟県以南の日本海岸、宮城県以南の太平洋岸、伊豆諸島、瀬戸内海、九州西岸、東シナ海。~朝鮮半島、済州島、台湾、中国沿岸。
生息環境 稚魚は水深2~10mくらいの内湾の海草・海藻帯や岩礁域に群れている。成魚は日中、やや深い海藻の繁茂する岩礁域に生息しているが、夜間は水深の浅い岩礁域へ移動して接餌する。
食性 甲殻類、多毛類や小型魚類などを捕食する動物食性。
地方名 イサキ(静岡県伊豆下田、三重県志摩、京都府丹後、島根県、山口県小野田市)、イサギ(三重県南伊勢町、大阪府、和歌山県、香川県、徳島県阿南市、高知県)、イセギ(高知県)、イッサキ(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県)、エサキ(京都府丹後)、ハンサコ(大分県佐賀関・佐伯市、宮崎県)、ハンサゴ(大分県)、ハタサコ(宮崎県)、カジヤゴロシ(和歌山県)、尺アジ(高知県須崎市)
幼魚の呼び名:ウリボウ(島根県、大分県)、ヒデリゴ(島根県)、ウドゴ(大分県佐伯市)
その他 産卵期は南方で5~6月、北方で6~8月とされ、旬もそれに伴って初夏~夏とされる。美味しい魚として市場流通も普通にしている水産上重要種であり、漁業、遊漁で各都府県で大量に漁獲されている。また、漁礁の造成や一部では増殖事業も行われている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません