読み込み中 . . .
中止

カミソリウオ

Solenostomus cyanopterus Bleeker, 1854

形態・特徴 腹鰭と尾鰭は大きく、吻は長い。吻や尾柄部などの形態や色彩の変異が大きく、かつてはカミソリウオ・フウライウオ・ノコギリフウライウオの3種として扱われていたが、分類学的研究の進歩によって、それらは同一種であることが明らかとなり、現在ではカミソリウオの1種として扱われている。
分布 千葉県以南。インド・西太平洋域。沿岸浅所の岩礁域や、その付近の砂底、珊瑚礁域の砂底や藻場にすむ。
生息環境 水深3~30mの岩礁・サンゴ礁域およびその周辺の砂底域・藻場に生息する。雌雄ペアでいることが多く、波に漂うように泳ぎ、海藻・海草片などに擬態していると考えられる。
食性 主食は小型甲殻類であるとされる動物食性。
その他 その擬態は見事で、ダイバーやアクアリストなどの観賞目的の人たちの間で人気が高い種である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2011.03.13

日本 東京都 八丈島 八重根

2015.11.25

日本 鹿児島県 トカラ列島宝島

2005.11.07

日本 静岡県 浜名湖

2019.09.28

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.15

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2016.01.16

日本 静岡県 賀茂郡西伊豆町宇久須 黄金崎公園ビーチ

2015.09.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する