読み込み中 . . .
中止

エゾトミヨ

Pungitius tymensis (Nikolsky, 1889)

分布 北海道、サハリンに分布する。
生息環境 水の澄んだ細流や池沼などに生息する。
トミヨ属淡水型と同所的に生息することも多い
形態・特徴 背鰭軟条部直前の棘は短く、眼径の58%であることで同属他種と識別可能。棘は全体的に短い傾向がある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Ryota Hasegawa さんが 説明文に 分布 を追加しました 北海道、サハリンに分布する。
2019.05.05 21:33
Ryota Hasegawa さんが 説明文に 生息環境 を追加しました 水の澄んだ細流や池沼などに生息する。
トミヨ属淡水型と同所的に生息することも多い
2019.05.05 21:33
Ryota Hasegawa さんが 説明文に 形態・特徴 を追加しました 背鰭軟条部直前の棘は短く、眼径の58%であることで同属他種と識別可能。棘は全体的に短い傾向がある。
2019.05.05 21:33