ソコマトウダイ

Zenion japonicum Kamohara, 1934

形態・特徴 眼は大きい。腹鰭に大きな1棘がある。口はほぼ垂直についている。成魚でも体長10cmほどの小型種。
分布 南日本、沖縄舟状海盆、九州-パラオ海嶺。
生息環境 水深200~400mの砂底に多く生息する。
その他 ソコマトウダイ属は世界中から4種が知られるが、その属が含まれる科についてはまだ流動的とされる。日本産は本種のみ。底曳網で時として多量に漁獲されるが、普通は廃棄される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

Ryuさんさんが日本 静岡県 沼津市で撮ったソコマトウダイ

日本 静岡県 沼津市

2019.11.25

NOAHさんが日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業台で撮ったソコマトウダイ

日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業台

2014.10.05

くろつらさんが日本 静岡県 沼津市沖で撮ったソコマトウダイ

日本 静岡県 沼津市沖

2021.04.06

NOAHさんが日本 静岡県 松崎沖 駿河湾で撮ったソコマトウダイ

日本 静岡県 松崎沖 駿河湾

2023.03.30

NOAHさんが日本 静岡県 土肥沖 駿河湾で撮ったソコマトウダイ

日本 静岡県 土肥沖 駿河湾

2024.02.16