読み込み中 . . .
中止

ベニマトウダイ

Parazen pacificus Kamohara, 1935

形態・特徴 体色は淡赤色。ソコマトウダイに似るが、口は斜位。腹鰭には棘がない。体長25cmに達する。
分布 駿河湾以南、沖縄舟状海盆、九州-パラオ海嶺、東シナ海、天皇海山。台湾、南アフリカ、キューバ。
生息環境 水深200~500mに生息する。普通200~300mの場所で多い。
食性 肉食性で小魚を捕食する。
その他 底曳網で漁獲される。普通は食用にせず、廃棄される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

Ryuさんさんが日本 静岡県 沼津市で撮ったベニマトウダイ

日本 静岡県 沼津市

2019.05.16

NOAHさんが日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業台で撮ったベニマトウダイ

日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業台

2014.10.05

NOAHさんが日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業台で撮ったベニマトウダイ

日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業台

2014.10.05

NOAHさんが日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業台で撮ったベニマトウダイ

日本 高知県 御畳瀬漁港の選別作業台

2014.10.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する