読み込み中 . . .
中止

カツオ

Katsuwonus pelamis

形態・特徴 全長1.1mくらいまでになる。体は細長く、体側の後半部に鱗はないこと、第1背鰭の前端が高くなること、体側下部に数本の暗色の斜走線が出現することなどで他種と区別することができる。生時、背面は青紫色のような色合いをしており、本種はここに斜走線が見られないことも大きな特徴。
分布 日本近海だが日本海には稀。世界中の温帯・熱帯海域。
生息環境 沿岸域の主に表層を群泳する。
食性 魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
その他 水産上重要種で、日本人の文化とも密接な関わりのある種である。生食や鰹の叩きは日本独自の文化であるが、「鰹節」という食文化は、同様の食文化を持つ東南アジア諸国との原始時代からの文化的な繋がりの名残を示唆させるものである。旬は春と秋の二回あるとされ、春は山口素道の句である「目には青葉 山ほととぎす 初がつを」でお馴染みの「初鰹」、秋は「戻り鰹」という単語がその旬を告げている。この二つの単語はカツオの回遊ルートとも密接に関係しており、春に北上して秋に南下する習性を的確に表している。
海外でも水産上重要種であるが、とりわけカジキ釣りが盛んな地域ではカジキ釣り用の餌としての需要もある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません