読み込み中 . . .
中止

マツカサウオ

Monocentris japonica (Houttuyn, 1782)

形態・特徴 体は淡黄色から黄褐色で、体側は大きな装甲状の鱗で覆われている。背鰭棘は5~7棘で鰭膜がない。腹鰭には大きな1棘がある。下顎に1対の発光器があり、そこにバクテリアが共生し弱い光を出す。体長15cmになる。
分布 南日本。インド洋、西オーストラリア。
生息環境 沿岸の岩礁域から大陸棚に生息する。水深は30~120m。幼魚は沿岸浅所にも出現する。
食性 肉食性。甲殻類を主食とする。
その他 日本近海では定置網、刺網、各種底曳網漁業によって漁獲される。硬い鱗を付けたまま焼いて食べると非常に美味であるほか、練製品の原料にも用いられる。また水族館でもよく飼育されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません