読み込み中 . . .
loading
中止

ヒキマユメイチ

Gymnocranius superciliosus Brosa, Béarez, Paijo and Chen, 2013

分布 琉球列島。国外ではオーストラリア北東部からフィジーにかけて分布する。
特徴 体は側扁してやや長い。体側の鱗には小黒色斑があり、体側の点列を形成する。頭部の無鱗域はやや黄色っぽい。眼の直上には黒色斑がひとつあり、これが水中でみるとまるで引眉のように見えることから和名がついた。
タマメイチによく似ているが、本種の尾鰭の先端はややとがること(タマメイチではやや丸みを帯びる)、体側の各鱗にある黒色斑列が点列を形成するが、タマメイチでは側線より下方では一部の鱗にのみ黒色点があるなどの特徴により区別される。
その他 日本からは下記文献内ではじめて報告された。日本からの記録はこの種類の北半球からのはじめての記録のようだ。分布については今後さらなる研究が必用であるとされる。
参考文献:
三木涼平・桜井 雄・岩槻幸雄. 2014. フエフキダイ科ヒキマユメイチ(新称)Gymnocranius superciliosusの日本からの初記録. 魚類学雑誌, 61: 85-88.
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島瀬戸内町磯

2013.07.15

日本 沖縄県 那覇市の鮮魚店

2014.11.18

日本 沖縄県 池間島沖

2016.02.12

日本 鹿児島県 沖永良部島 住吉港

2015.09.23

日本 鹿児島県 沖永良部島 住吉港

2015.09.23

日本 鹿児島県 沖永良部島 伊延港沖

2018.06.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する