マルマツカサ

Myripristis hexagona (Lacepède, 1802)

形態・特徴 胸鰭腋部に小鱗があり、アカマツカサなどに似るが、下顎に歯塊が2対あることで区別できる。側線有孔鱗数は27~28。全長16cmほど。
分布 琉球列島以南、インド・西部太平洋。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域に生息し、昼間は岩孔や洞内に見られる。
食性 夜間に甲殻類や動物プランクトンを捕食する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

MARI-Jさんが日本 沖縄県 石垣島 石垣港で撮ったマルマツカサ

日本 沖縄県 石垣島 石垣港

2020.12.06

MARI-Jさんが日本 沖縄県 石垣島 石垣港で撮ったマルマツカサ

日本 沖縄県 石垣島 石垣港

2020.12.06

MARI-Jさんが日本 沖縄県 石垣島 石垣港で撮ったマルマツカサ

日本 沖縄県 石垣島 石垣港

2020.12.06

MARI-Jさんが日本 沖縄県 石垣島 石垣港で撮ったマルマツカサ

日本 沖縄県 石垣島 石垣港

2020.12.06

Tsuneyoshi  Futemmaさんが日本 沖縄県 本島西海岸で撮ったマルマツカサ

日本 沖縄県 本島西海岸

2021.04.11