読み込み中 . . .
中止

ニジエビス

Sargocentron diadema (Lacepède, 1802)

形態・特徴 背鰭棘中央下の側線上方横列鱗数は2.5。側線有孔鱗数は46~50。体色は赤色で、細い白色縦帯がある。背鰭棘の鰭膜が黒いことでテリエビスと区別可能。
分布 奄美大島以南。~インド・太平洋域。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁に生息する。琉球列島以南では普通にみられ、四国などでも稀に見られる。
食性 肉食性。
その他 釣りや刺し網で漁獲される。あまり食用としない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません