読み込み中 . . .
中止

アヤメエビス

Sargocentron rubrum (Forsskål, 1775)

形態・特徴 背鰭棘中央下の側線上方横列鱗数は2.5。側線有孔鱗数は34~37。体色は赤色で、大きな白色帯がある。体側背部に1~2本の暗赤色帯がある。全長25cmになる。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、琉球列島。~インド-西太平洋、紅海、地中海東部。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁に生息し、小群をつくる。
食性 肉食性。
その他 沖縄では刺し網や釣りで漁獲される。鱗が硬くさばきにくいが、白身で美味な魚である。赤い体はきれいなので、観賞魚として飼育されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません