読み込み中 . . .
中止

クラカケエビス

Sargocentron caudimaculatum (Rüppell, 1838)

形態・特徴 トガリエビスに似るが、背鰭棘中央下の側線上方横列鱗数は2.5であることにより区別できる。生時は体側後半や腹部が白っぽくなることでも見分けられるが、死後は消える。体側には白色や赤色の縦帯がない。全長25cmほどで、トガリエビスより小型種。
分布 土佐湾以南。~インド・太平洋域。岩礁域にすむ。
生息環境 水深40m以浅のサンゴ礁域、岩礁域に見られる。夜行性で昼間は岩孔やサンゴの隙間などに隠れている。
食性 肉食性で甲殻類を捕食する。大きいものは小魚も食べる。
その他 沖縄では刺網、釣り、突き棒などで漁獲され、食用になる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません