読み込み中 . . .
中止

ギンガメアジ

Caranx sexfasciatus Quoy and Gaimard, 1825

特徴 全長60cm。鰓蓋の上部に小さな黒斑がある。主上顎骨後端は眼の後縁を越える。稜鱗のは若干黒色を帯びる。幼魚は尾鰭の後縁が黒く縁どられ、不明瞭な暗色の横帯が6本前後ある。よく似た種であるロウニンアジより体型は細い。
分布 青森県~九州までの太平洋岸(多くは幼魚)、日本海沿岸(幼魚)、屋久島、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~台湾、中国、朝鮮半島、インド-太平洋、東太平洋沿岸。ハワイ諸島にもすむ。
生息環境 沿岸性でサンゴ礁域などで群れている。幼魚は河口域に現れる。
食性 肉食性で、小魚や甲殻類を食べる。
その他 ギンガメアジ属のなかで最も一般的な種である。日本の太平洋岸や、日本海側でも幼魚が見られ、釣りの対象魚となっている。ルアー釣りはもちろん、サビキ釣りでも釣れる。定置網などでも漁獲され刺身、塩焼、唐揚げなどにして美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Ryota Hasegawa さんが 学名を Caranx sexfasciatus Quoy and Gaimard, 1825 に変更しました 日本産魚類検索第3版に従い、記載年を変更しました
2018.01.28 20:40